メガソーラーで自然の恩恵を余すことなく得る|利益の源

地方で進む太陽光発電事業

ソーラーパネル

採算が取れる事業

東日本大震災後には太陽光発電電力を増やしていく必要性の高まりがありました。そのため、メガソーラーを用いた太陽光発電による売電価格は高めに設定された経緯があります。その結果として、メガソーラー事業が採算の取れる産業となっています。当初、メガソーラー事業へは大手の通信会社などが参入をしましたが、今では多くの企業が事業を行うようになっています。メガソーラーで発電をした売電価格は、徐々に引き下げられる方向が出ています。太陽光発電による売電価格は通常の電力よりは高く、利用者の負担が重くなってしまうことが懸念されているからです。しかし、メガソーラーでは発電効率の高い太陽光パネルを用いたり、太陽光パネルを太陽の方角へ自動で向けるシステムによって効率化を図って対応をしています。

補助金が出ることも

メガソーラーに参入する企業では、地方で大規模な土地を取得して事業を始めるところが多くなっています。地方では土地の単価が非常に安くなっているため、どの場所でも売電価格が同じメガソーラー事業にとっては都合が良い面が出ています。また、地方であれば、工場の跡地や耕作放棄地といった大規模な土地が見つかりやすいのも利点となっています。地方の自治体では使われていない土地の有効活用のために、メガソーラーの参入企業を積極的に誘致をしているところがあります。そうした地方の自治体ではメガソーラーの参入企業に対して、メガソーラーの建設のための補助金を付けることが行われています。自治体では補助金を出しても、今後も税収のアップが見込める環境があります。